プジョー 新型 208。 プジョー 208|価格・新型情報・グレード諸元

試乗でわかる「欧州王者の実力」プジョー 208

新型 208 プジョー 新型 208 プジョー

日本仕様の新型208にはディーゼルモデルがラインナップするのか楽しみです。

13

NEW PEUGEOT 208

新型 208 プジョー 新型 208 プジョー

新型208に搭載されている安全装備• GTラインにはホールド性の高いダイナミックシートを、アリュールには疲れにくいコンフォートシートを装備。 容量50kWhのリチウムイオンバッテリーとモーターを組み合わせ、一充電あたり340km(WLTPモード)走行できる。

6

【プジョー 208 新型試乗】「アリュール」は価格、愉しさ、バランスでBセグ最高評価…中村孝仁

新型 208 プジョー 新型 208 プジョー

今回試乗したのは2020年7月に日本に上陸した、2代目となる新型「208」だ。 e-208は電気自動車になる為パドルシフトの装備は無い仕様です。 これは一部肥大化するBセグメントにあっては中間的なサイズで、「フォルクスワーゲン・ポロ」に近い。

プジョー 208|価格・新型情報・グレード諸元

新型 208 プジョー 新型 208 プジョー

「スポーツモード」は、シフトアップポイントの高速化、アクセルレスポンスの向上、ステアリングフィールの変更を行うことができるようになっています。 クルーズコントロールは遅い前車がいなくなると、設定速度まで 結構な勢いで加速します。

3

ネコ足復活!プジョー新型「208」に乗ってわかった 最新フレンチの味わいとは

新型 208 プジョー 新型 208 プジョー

当初は一充電当たりの航続可能距離はWLTPモード340kmと発表されていましたが、ヨーロッパに多い燃費計測方法NEDCでは最大450kmのカタログスぺックとなっています。 特に「3Dヘッドアップインストルメントパネル」が注目されていますが、旧型がステアリングとメーターの干渉が気になっていたのに対し、新型は視認性、言い換えれば必要な情報を直感的に把握できる点は良いと感じました。 ホイール周りには、黒いフェンダーアーチモールが装着されていてタイヤ周りがとても大きく見えます。

18

【プジョー 208 新型試乗】「アリュール」は価格、愉しさ、バランスでBセグ最高評価…中村孝仁

新型 208 プジョー 新型 208 プジョー

世界的に大ヒットとなった205や206に続くこのシリーズですが、先代モデルも208。 そのパフォーマンスをきっちり生かすには17インチの「ミシュラン・パイロットスポーツ4」を履く「GTライン」の方が相性はいい。 また USBソケットは 使っている間に、ピアノブラックの部分にキズが着いてくると思います。

6