若紫 と の 出会い。 源氏物語『若紫/北山の垣間見』解説・品詞分解(3)

『源氏物語』「若紫との出会い」の現代語訳と重要な品詞の解説4

の 出会い と 若紫 の 出会い と 若紫

罪 得 う ることぞと、常に 聞こゆるを、 心憂く。 性格も優しく、まさに世の男性の理想を具現化したような女性だったのです。

若紫(1・2) 紫のゆかりの始まり 源氏北山へ

の 出会い と 若紫 の 出会い と 若紫

出家したいという心は、いつの間にか消えてしまいました。 その一方で、継母の藤壺女御 ふじつぼのにょうご を理想の女性と憧れ慕い、思いはつのるばかりです。

13

遊郭・吉原随一の美人遊女「若紫」。その悲劇の死の真相は? | 和樂web 日本文化の入り口マガジン

の 出会い と 若紫 の 出会い と 若紫

しかし…… ふと、昼間に垣間見た少女の姿がまぶたに浮かんできたのです。

7

源氏物語『若紫/北山の垣間見』解説・品詞分解(3)

の 出会い と 若紫 の 出会い と 若紫

「白 う」は「白 く」がウ音便化している。 明治時代に入ると、遊女には江戸時代ほどの知性や教養は求められなくなっていましたが、若紫は知性にあふれ、その佇まいからは気品すら感じられたとのこと。

14

源氏物語「若紫の出会い」日もいと長きにつれづれなれば…の話なんですがいまい...

の 出会い と 若紫 の 出会い と 若紫

「給ふ」は尊敬語で、 若紫に対する敬意。

20

【『若紫』日もいと長きに、つれづれなれば~】助動詞、敬語表現にポイントあり!!

の 出会い と 若紫 の 出会い と 若紫

ア行下二段活用の動詞は「得(う)」・「心得(こころう)」・「所得(ところう)」の3つしかないと思ってよいので、大学受験に向けて覚えておくとよい。 17 落つる タ行上二段動詞「落つ」の連体形。 これが、若菜 前後の巻での物語です。

15

源氏物語『若紫/北山の垣間見』現代語訳(1)(2)

の 出会い と 若紫 の 出会い と 若紫

「いみじ う」は「いみじ く」がウ音便化している。 紫上は 藤壺の姪だったため、源氏が恋い焦がれる藤壺の面影があった。

8

源氏物語あらすじ・若紫(わかむらさき)

の 出会い と 若紫 の 出会い と 若紫

慕ひ=ハ行四段動詞「慕ふ(したふ)」の連用形、心が惹かれて後を追う、夢中になる 給ふ=補助動詞ハ行四段「給ふ」の連体形、尊敬語。